サーバー移行時に必要なメールソフトの設定変更についてまとめてみました。
新しいサーバーに切り替えてからメールソフトの変更を行ってください。

なお、IMAPの状態でメールサーバーを移行すると、ローカルのデータが消えてしまいます。必ずPOPの設定に変更しておいてください。

※Outlookの場合はOutlookでIMAPからPOPへ移行する方法をご参考ください。

目次

  1. 最初に
  2. Outlook(2016/2019)の設定変更
  3. Apple Mail 11.xの設定変更
  4. Thuderbird(Windows版)の設定変更

1. 最初に

最初に移行先のメールの設定をご確認ください。
下記の情報が必要となります。

  • (1)アカウント名 (例:okuda@macnet.jp、okuda)
  • (2)パスワード
  • (3)受信サーバー (例:macnet.jp)
  • (4)送信サーバー (例:macnet.jp)

※(1)~(4)の項目以外は絶対に変更しないでください。

2. Outlook(2016/2019)の設定変更

outlookの画面を開き、左上のファイルをクリックします。
01

「アカウント設定」をクリックし、次に「プロファイルの管理」をクリックします。

01

下記の画面が表示されるので「はい」を選択します。

01

下記の画面で「電子メールアカウント」を選択します。

01

下記の画面で該当のメールアカウントを選択し「変更」をクリックしてください。
01

サーバーの設定をご確認の上、①~④に必要な情報を入力します。
最後に「次へ」のボタンを押して設定を完了してください。

01

3. Apple Mail 11.xの設定変更

Apple Mailを起動し、「メール」の「環境設定」をクリックします。
01

設定を変更するアカウントを選択し、「サーバ設定」タブを選択します。
サーバーの設定をご確認の上、①~④に必要な情報を入力します。

①~④の項目以外は絶対に変更しないでください。

01

最後に「保存」のボタンを押して設定を完了してください。

4. Thuderbird(Windows版)の設定変更

Thunderbirdを起動し、設定を変更したいアカウントを選択し、「このアカウントの設定を表示する」をクリックします。

01

「アカウント設定」画面の「サーバ設定」を選択すると、サーバー設定の画面になります。
③のところに受信サーバー名を入力してください。

①~④の項目以外は絶対に変更しないでください。

01

「アカウント設定」の「送信(SMTP)サーバ」を選択します。
メールの送信に使用している送信メールサーバーを選択し、「編集」ボタンをクリックします。

01

下記の画面が開くので、④に送信サーバー名、①にユーザー名を入力し、「OK」ボタンをクリックします。
パスワードの変更が無い場合はこれで完了です。パスワードの変更がある場合は、次へお進みください。

01

メールのパスワードを変更する場合

Thunderbirdのパスワードを変更するには、既存のパスワードを削除した後に、新しくパスワードを設定する必要があります。

上部メニューの「ツール」から「オプション」を選択してください。 01

左メニューの「セキュリティ」を選択し、タブメニューの「パスワード」をクリックします。
次に「保存されているパスワード」を選択してください。 01

次の画面で保存されているパスワード一覧が表示されるので、削除するメールを選択します。
※1つのメールアカウントには、送信用(smtp)と受信用(mailbox)の2つの設定があるので、2つとも削除してください。

最後に「閉じる」をクリックし「OK」で画面を閉じます。

01

Thunderbirdを再起動し、メールを受信するとパスワード入力画面がでてくるので、新しいパスワードを入力し「OK」をクリックします。

01

同様にメールを送信するとパスワード入力画面がでてくるので、新しいパスワードを入力し「OK」をクリックしてください。 これでThunderbirdの設定は完了です。

01

お見積り・ご相談は無料!

サイトの引越し、WordPressの移転のご相談はこちら

お見積り・お問い合わせ

前の記事 次の記事