サイト移設の時、ドメインを切り替える前にサイトの表示・動作を確認したい場合は、hotstファイルを使うことで実現できます。 少し手間はかかりますが、公開後の不安がかなり解消できるので、是非ともお試しください。

hostsファイルとは

hostsファイルは、IPアドレスとホスト名の対応を記述したテキストファイルで、DNSよりも優先されます。
このファイルはご利用のパソコン毎に存在していて、hostsファイルに移行先のIPアドレスとドメイン名を記載することで、ネームサーバーを切り替える前に、新サーバーでの動作確認が可能になります。

※hostsファイルの設定したパソコンのみ表示・動作確認が出来ます。もし、複数のパソコンで確認する場合は、パソコン毎に設定する必要があります。

hostsファイルの場所

  • Windows 10/8/7/: C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts
  • Mac OS X: /etc/hosts/
  • linux: /etc/hosts

hostsファイル設定方法

サーバーのIPアドレスの確認方法

サーバーのIPアドレスの確認方法についてですが、今回はエックスサーバーの確認方法について紹介します。

コントロールパネルから「サーバー情報」をクリックします。

サーバー情報のページにIPアドレスとあるので、それがサーバーのIPアドレスです。

Windows環境でのhostsファイル

hostsファイルを編集するには、メモ帳を管理者権限で実行する必要があります。

windowsのスタートメニューから「メモ帳」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックしてます。

メモ帳の「ファイル」から「開く」をクリックし、hostsファイルを選択します。
hostsファイルは、C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hostsにあります。

ただ、このままファイルを開こうとすると、ファイルが表示されません。 右下のファイルの種類が「テキスト文章」になっているからです。

右下のファイルの種類を「テキスト文章」⇒「すべてのファイル」に変更するとファイルが表示されます。

書き方は、hostsファイルの一番下に次のように記載します。

[移行先のサーバーのIPアドレス] [半角スペース] [ドメイン名]

例えば、サーバーのIPアドレスが123.456.789.01でドメイン名がmacnet.jpの場合なら、 次のように記載します。

123.456.789.01 macnet.jp

最後にファイルを上書き保存します。

この場合ブラウザにmacnet.jpと入力すると

下記のように移行先のサーバー(IPアドレス:123.456.789.01)が表示されます。
なかなかhostsファイルが反映されない場合は、パソコンを再起動するなどしてみてください。

最後に追加した項目を削除して、元の状態に戻すのを忘れないでください。

Mac環境でのhostsファイル

近日公開予定です。

前の記事