2022/5/25 の朝、WordPress6.0のリリースが行われました。
早速アップデートされた方もいるかもしれませんが、メジャーアップデートなので少し待った方が良いでしょう。
WordPressのメジャーアップデートは大幅な仕様変更あり、バグも多いからです。またプラグインが対応していないことも多いので、すぐにアップデートするのは危険です。

次のマイナーアップデート(6.0.1)の時に、それらのバグが修正されてプラグインも対応してきます。したがってメジャーアップデート後のマイナーアップデートの時にアップデートすることをおすすめします。

もちろん弊社でもそのようにしていますが、今朝メールを見て焦りました。
WordPress6.0にアップデートしたというメールが届いていたのです…。

wp6-01

WordPressのメジャーアップデートは自動更新で行われないものだと認識していたので、大変驚きました。
ただ今回は全てのWordPress がアップデートされているのではなく、ここ 1 年以内に新規インストールしたものだけのようです。

あらためてネット上で調べてみると、WordPress5.6から新規インストールしたWordPressは、メジャーバージョンの自動更新が最初から有効になっていました。

WordPress の管理画面の更新部分をよく見ると、自動アップデートの表記が 2 つになっています。
あまり目立たないのでつい見逃してしまいますが…。

今回自動アップデートされた WordPress の管理画面

「このサイトはWordPressの新しいバージョンごとに自動的に最新の状態に保たれます。」が有効になっていますが、少し分かりにくいです。

wp6-01

今回自動アップデートされていない WordPress の管理画面

「メンテナンスリリースとセキュリティリリースのみの自動更新に切り替えます。」が有効になっています。

wp6-01

メジャーバージョン自動更新の切り替え

切り替え方法は簡単です。 「メンテナンスリリースとセキュリティリリースのみの自動更新に切り替えます。」をクリックしてください。

wp6-01

「このサイトは WordPress のメンテナンスリリースとセキュリティリリースのみで自動的に最新の状態に保たれます。」が有効になっていれば、OK です。

wp6-01

最後に

WordPressのセキュリティを重視するなら、WordPress のメジャーバージョンの自動更新を有効にし、常にWordPressを最新バージョンにしておくことが望ましいです。ただ、WordPress サイトを管理、運営している方にとっては、予期せぬ不具合を起こす原因となるので、あまり望ましいものではありません。この機能は無効にした方が良いでしょう。

なお、WordPressやプラグインのアップデートによる不具合等が心配な方は、是非弊社のWordPressの保守管理サービスをご利用ください。月額 5,500 円にてWordPressの保守管理を行っております。

https://hikkoshi.macnet.jp/wp-support

お見積り・ご相談は無料!

サイトの引越し、WordPressの移転のご相談はこちら

お見積り・お問い合わせ

前の記事 次の記事